音楽

映画ラ・ラ・ランド『Another Day of Sun』の歌詞や意味―困難を乗り越えて、また朝は来るから!

投稿日:2017年3月6日 更新日:

『ラ・ラ・ランド』冒頭に流れるミュージック『Another Day of Sun』

軽快に流れるラッパやどこか鬱屈した空気を軽やかなステップで乗り越えていけそうな気持ちにさせてくれる、そんな歌が『Another Day of Sun』です!

スポンサードリンク

『Another Day of Sun』のタイトルの意味

ども!『ラ・ラ・ランド』を観終わってからずっと気になっていたところ購入してしまったとしちる@ture_tiru)です。

『ラ・ラ・ランド』の感想記事はこちら!

LALALAND
  【映画感想】ラ・ラ・ランド―最初と最後が素晴らしいので観て後悔なし【ネタバレあり】

突然、思い立って観るつもりのなかったアカデミー賞に多数ノミネートされ話題となっている映画『ラ・ラ・ランド』を観てきちゃいました! 正直、あんまり期待してなかったのですがいい意味で期待を裏切ってくれた本 ...

続きを見る

タイトルの『Another Day of Sun』の意味は「また日は昇る」的な感じ。

Wikipediaで作曲者のひとりがこのように述べているとありました。

Hurwitz noted the tension in the song between the aspirations of the singers and the uncertain outcome of their efforts, noting "It’s an optimistic song, but it’s also about unfulfilled dreams." Paul said, "You pursue that dream, and you go to bed and get up the next day, and it’s a gorgeous day. It encourages you in one breath, and in another breath doesn’t acknowledge that you just failed miserably. You wake up and it doesn’t match your mood. It’s a bright and shiny day."

引用:Another Day of Sun  Wikipedia

太字のところは「楽観的な曲でもあるが、同時に未だ叶わぬ夢を表現するものでもある。」という感じに言っています。

『Another Day of Sun』の歌詞

歌詞をよく見るとまさに映画『ラ・ラ・ランド』の内容を表現していますね~

『ラ・ラ・ランド』主役二人はそれぞれの夢を追いかけ、たとえすぐに結果は出なくとも愚直に行動し続けました。

そんな中お互いに惹かれ合うも徐々にすれ違いを見せ始めるわけですが、正確にではないけどどことなく表現されていました。

例えば、最初の歌詞。

I think about that day
I left him at a Greyhound station
West of Santa Fe

We were seventeen, but he was sweet and it was true
Still I did what I had to do
Cuz I just knew

最後の「I knew」の「分かっていた」こととは後に映画スターとなって活躍することなわけですが、映画ではそこまでミアは無鉄砲ではないですよね。

曲はアップビートでまさに朝に聴きたくなるような気持ちいいリズムで進みますが、ただ陽気に栄光を掴み取ろうというものではなく、目の前に現れる困難というどことなく暗たんたる不安のようなものも絶妙に表現されています。

 

スポンサードリンク

日はまた昇る

個人的にグッとくる世界観が表現されているこの『Another Day of Sun』!

ただ夢物語でも、栄光を掴み取る物語でもない。

そこには、たどり着くとも分からない困難やその不安を抱えながらも進もうとする泥臭さとも言える力強さを感じさせてくれる!

非常に僕好みの楽曲。

まぁ実際、現実ってのは本当に嫌というほど厳しさや困難を目の前に突きつけてきますよね。

それは高みを目指せば目指すほどそうなわけですよ。

浪人時代に嫌というほど思い知りました。まぁ、今も研究者を目指すという上で似たような気持ちを味わってますが。

ですが、そうどうせまた立ち上がるんですよ!

サビで歌われる力強さ。「美しさは生命力にあり」と思う方ならきっと気に入ること間違いなしでしょう1)表現の根源は「執念」であり、その「美」しさは「生命力」にあり │ TIRU LABO

Behind these hills I'm reaching for the heights
And chasing all the lights that shine
And when they let you down
You'll get up off the ground
As morning rolls around
And it's another day of sun

 

たとえ困難が立ちふさがろうと、また立ち上がるんだ!

だってまた朝はやってくるのだから!

そうまた晴れの日が

 

何かに立ち向かおうとする人にはグッとくること間違いなしの曲でしょう。

この曲を好きな方ならきっとミスチルの『ランニングハイ』も気にいるはず!

退き時なんて言うな素人!Mr.Children『ランニングハイ』を勝手に語る

ランニングハイな状態でミスチルことMr.Childrenの疾走感あふれ活力をもらえる『ランニングハイ』を勝手に語り尽くします!

続きを見る

 

よーし、また立ち上がるかー!

って気分にさせてもらえました。

 

こちらの曲、Amazonミュージックにて250円でも購入可能です。サントラ買うお金がなかったのですが、こちらで思わず買ってしまいました^^;

注釈   [ + ]


ブログ管理人
としちる

ミスチルと青い鳥が好き。大学生活前半は冊子制作に打ち込むも紆余曲折あって研究者を目指すことに。夢はアカデミーを作ること。研究の狭き道でも生きていくこととやりたいことを両立させるために、サイト運営やライティング、Webデザインといったメディア系スキル・ビジネスのイロハも学んでる。つれづれ“ちる”ままに、時に激しく主にダラダラがモットー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

社会風刺の効いたMr.Children『マシンガンをぶっ放せ』の紹介。世の中にものを申したい。それが僕のブログを書く理由。

2

一緒くたにされがちな「批判」と「非難」の違いを解説。問題を指摘する点は同じだが、その指摘の仕方が異なるのが「批判」と「非難」の使い分けポイント。ただ文句やケチをつけるのは「批判」ではありません!

Feedly→Pocket→Evernoteで情報収集の効率化2 3

情報を制すものは人生を制す。「Feedly→Pocket→Evernote」の順に情報収集しながら、面白い・役に立つ・保存したい記事を効率的にストックしていく方法を解説。

-音楽

Copyright© TIRU LABO , 2017 AllRights Reserved.