「読書感想・レビュー」 一覧

guide_webmarketing

読書感想・レビュー

【レビュー】はじめてでもよくわかる!Webマーケティング集中講義

『はじめてでもよくわかる!Webマーケティング集中講義』の概要とレビュー。レイアウトも見やすく、具体例も豊富で面白くサラッと読める本著、はじめてWebマーケティングを学ぶ人、体系的に学びたい人におすすめ。

読書感想・レビュー

【レビュー】『学問のしくみ事典』―知的好奇心を刺激する?いろんな学問の歴史的なつながりをササッと確認するにはおすすめ!

『あらゆる「学」の歴史とつながりがわかる 学問のしくみ事典』の紹介。さまざまな学問分野の歴史的な変遷を一冊の本に濃縮し、あなたの知的好奇心をくすぐってくれるかも?

読書感想・レビュー

【読書感想】フランクル『夜と霧』―人間が起こす悲惨さと残虐さ/学問的ではない?

世界的ロングセラーとなっているフランクル著『夜と霧』の読書感想。学問的とは思えない記述をやや批判的な目線で綴っています。

no image

読書感想・レビュー

【レビュー】思考の整理学-「不幸な逆説」

書評「思考の整理学」シリーズ第2弾。「不幸な逆説」の概要とその感想を書いています。本当の教育ってなんなのでしょうか?それはどうやって実現できるのでしょうか?

no image

読書感想・レビュー

【レビュー】知識人とは何か-「第一章 知識人の表象」の概要と感想

エドワード・W・サイード著「知識人とは何か」の「第一章 知識人の表象」をまとめました。概要の紹介と感想をつれづれと書いております。

読書感想・レビュー

【読書レビュー】理性・知性・感性の限界-人生の方法なんてなんでもいい??

高橋昌一郎著の「理性の限界」「知性の限界」「感性の限界」を読んで感じたことを書きました。方法論的虚無主義の「なんでもいい」っていいですね。

読書感想・レビュー

【読書概要&レビュー】「サル化」する人間社会-霊長類研究を通して人間とは何かを考える

『「サル化」する人間社会』の概要と感想。霊長類学と人類学の観点から「サル・ゴリラ・ヒト」の比較を通じて「人間とは何か」を解き明かそうとした著者の本です。

読書感想・レビュー

【読書概要&レビュー】思考の整理学-「グライダー」

「思考の整理学」の各課概要とその感想-「グライダー」編

読書感想・レビュー

【レビュー】「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」

「重力とは何かアインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」を読んだ感想をつらつらと書いています。専門の知識がなくとも、非常に知的好奇心をくすぐる良い本だと思いました。

Copyright© TIRU LABO , 2017 AllRights Reserved.