これからの教養を考える としちるのブログ

ミスチル

Mr.Children『ため息の日曜日』【勝手に語るためいきの日曜日 vol.1】

投稿日:2016年1月31日 更新日:

勝手に語る新シリーズ『勝手に語るためいきの日曜日』の初回はタイトルの由来でもあるミスチルの「ためいきの日曜日」です。

 「勝手に語るためいきの日曜日」とは?

どうも!勝手にシリーズ物の記事を作るのが楽しくなってきたとしちる@ture_tiru)です。

今回から「勝手に語るためいきの日曜日」シリーズとして毎週日曜日に自由気ままに様々なことを語っていきたいと思います。

このブログでは「教養」をテーマにして学問的なことなどを紹介したりしているんですが、正直こういう記事を書くにはエネルギーも入るし時に息が詰まります。

自分で勝手に書いててそんなこと言うのも変なのですが、基本的に僕は飽き性凝り性なので時々脱線しながら好き勝手に語る場を設けることにしました。

それがこの「勝手に語るためいきの日曜日」です…!

日曜日って次から月曜日が始まると思うと「ためいき」をつきたくなりますよね…

時に人生はその人の事情なんてつゆ知らずといったようにただ時が流れ現実を見せつけます

そんな時は「ためいき」ついたっていいじゃない!って感じでつれづれと語っていきたいと思います。

Mr.Children『ためいきの日曜日』

この歌をご存知だとしたらけっこーなミスチル好き、もしくはミスチル好きな人と親しいと言えるほどマイナーな曲です。

収録されているアルバムはこちら。

EVERYTHING

EVERYTHING

そして歌詞がこちら

僕はこの曲に漂う哀愁感が大好きです。

なんらかの目的を果たすために離れて暮らす恋人を頭に思い浮かべながら、恋人の心の変化を心配しながら想いを募らせている男が歌われています。

ミスチルというと最近はポップの歌が多いのですが、初期から中期はむしろダークでニヒルな面持ちのある曲が多いです。

ファーストアルバムでもある「Everything」では、その片鱗をこの曲で漂わせながらも若若しさのあるミスチルを垣間見ることができます。

特にこの「ためいきの日曜日」は僕の大のお気に入りで日曜日に聞き流す定番の曲です。

歌詞の中でも最後のCパートが堪らない…!

退屈なTVショー  おしゃべりなラジオ

飲みかけのソーダ  星の降るハイウェイ

何もかもが  全て僕を狂わせていく

I'm so blue

Woo Woo...

けだるい空気感が漂う中にそこはかとなく表現されるほのかな光明と陰鬱。

I'm dreaming of see you again

夢の中で逢おう

曇った心に儚い願望と夢を思い浮かべながらも、フェードアウトしていく音楽。

心持ちを狂わせていきつつ、どことなく夢見心地な気分を彷彿とさせます。

※ 「dream of」の「of」は前置詞なので正しくは動名詞の「seeing」なんですけどね。笑

酒を飲みながら何度この歌を聞いてきたことか…

今はタイにいることも相まって、どこか遠くの街で生きる誰かへ想いを募らせます…

ちなみに僕は昔のダークさが漂うミスチルの方が好きです。

最近はちょっと明るすぎると思うことも多いかな…

ですが、「SENSE」や「REFRECTION」ではちょっとした原点回帰的な部分と今との融合がなされていて面白いですね!

新しいミスチルを感じさせます。

僕の人生はミスチルと共にあったと言っても過言ではないというくらい、いろいろと影響されています。

まだまだダークで面白いのにあまり知られていないようなミスチルの曲がたくさんあります

気ままに語っていきたいと思います。

では!

 

EVERYTHING

EVERYTHING

まずは昔のベストを聞くのがおすすめ!

Mr.Children 1992-1995

Mr.Children 1992-1995

 一つだけおすすめするなら間違いなくこちら

Mr.Children 1996-2000

Mr.Children 1996-2000

最近のを聞きたいならこちら!2001-2005の方が個人的にはおすすめ!

Mr.Children 2001-2005<micro>【通常盤】

Mr.Children 2001-2005【通常盤】

Mr.Children 2005-2010<macro>(通常盤)

Mr.Children 2005-2010(通常盤)



ブログ管理人

としちる

日本サッカー協会に入るため筑波大学体育専門学群を目指すも、受験前に父親が逃亡し、やむなく部活を辞める。教材費と受験費を稼ぐためにバイトしながらの宅浪生活を2年間送った後、国際総合学類に入学。タイにて日本語指導と留学も経験。帰国後、「人から始まる学問の見える化」を旗印とした『入門学術メディア Share Study』を創設。運営サイトは4つ、記事執筆数は250以上、イベント運営に携わった数は50以上(17年8月現在)。最近、VALUも動かしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「教養」をテーマにフリーランス系アカデミアンとして活動するとしちるのLINE@を始めました。ブログやTwitterではなかなか語れないことやLINE@登録者限定の資料も公開していく予定でっす!つれづれちるままに基本不定期更新で、執筆した記事をまとめて配信。確実に購読して、よりよく生きたい方どうぞ登録してやってくださいーッ!

-ミスチル

Copyright© TIRU LABO , 2017 All Rights Reserved.