これからの教養を考える フリーランス系アカデミアン としちるのブログ

映画

【映画感想・ネタバレ】5作目にして裏切らない!―パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

投稿日:

公開日に観てきました!『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(原題:Dead men tell no tales )』

1日は映画の日ということで休憩がてら観てきたのですが、いやはやさすが「パイレーツ・オブ・カリビアン」!

5作目にてもその勢いは衰えないなと。相変わらず笑わせてもらいましたし、最後も悪くない締めで個人的にグッとね、きたんですよ。

ぶっちゃけ4作目が「そこまで…」と感じたので、そこまで期待してなかったんですが。「シリーズ通して観ている方!ぜひ観てください」という内容でした。

おすすめです!

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』概要

ジョニー・デップ主演による世界的大ヒットシリーズの第5弾。孤高の海賊ジャック・スパロウと、ジャックへの復讐に燃える「海の死神」サラザールの因縁の対決を軸に、かつてジャックと冒険したウィル・ターナーとその息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、ジャックの宿敵バルボッサらの運命が交錯する。ジャック・スパロウに恨みを持つ「海の死神」サラザールが、魔の三角海域から解き放たれた。サラザールの復讐を阻止するには、「最後の海賊」だけが見つけ出せるという秘宝「ポセイドンの槍」を手に入れなければならない。一方、10年に1度しか陸に上がれない呪いをかけられたウィルの息子ヘンリーは、ポセイドンの槍を手に入れて父の呪いを解こうとジャックに近づく。ウィル役のオーランド・ブルーム、エリザベス役のキーラ・ナイトレイ、バルボッサ役のジェフリー・ラッシュらおなじみのキャストが再結集するほか、サラザール役を「ノーカントリー」のハビエル・バルデム、ヘンリー役を「マレフィセント」のブレントン・スウェイツ、天文学者カリーナ役を「メイズ・ランナー」のカヤ・スコデラーリオがそれぞれ演じる。監督は、海洋アドベンチャー「コン・ティキ」でアカデミー外国語映画賞にノミネートされたヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。

映画.com

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』感想(

以下、ネタバレ有り。

 

グッと来たバルボッサの活躍

今回、何と言っても注目したいのはバルボッサでした…!

1作目である「呪われた海賊たち」から登場し、呪いをかけられ、一度は死に、にも関わらず復活を遂げたものの、再び窮地に陥り復讐を果す…

ジャック・スパロウに劣らず波乱万丈な歩みを見せ続けてきたバルボッサ。

そんな彼についに最後が来てしまったのが個人的にショックだったというかグッときてしまいました…

正直、ストーリー構成としてはここに来て急な子どもいたんかい設定や、そんなバルボッサの娘と都合よくウィルの息子が恋仲になっていく描写があまりよく分からないというか薄いとかありましたよ。

ですが!

ですが、よくある最初は敵で後に良きライバルキャラの典型とも言えるバルボッサが娘には甘く、最後に捨て身で海に飛び込んでいくシーンがとても印象的だったんですよ!

相変わらずの変てこアクション

パイレーツ・オブ・カリビアンと言えばの変てこアクションは顕在!

特にジャックがギロチンの刑に処されそうになるとこの救出劇のアクション、首を固定された状態で「グワングワン」と回され、遠心力で首元ギリギリで首チョンパされずに済むシーンは見ものでした(笑)

最初の登場シーンも毎度楽しみにしてるんですが、相変わらず、予想外のとこから現れるんですが、最初の「呪われた海賊たち」を越える登場シーンではなかったかな。

兎にも角にも、あまり深く考えずにそこそこ迫力あるアクションと笑いのセンスに楽しませてもらいました!

まとめ

邦訳タイトルは「最後の海賊」ですが、原題の”Dead men tell no tales”は「死人に口なし」なので、実際は特に「最後」うんぬんってわけではないみたいなんですよね。

4作目があった時点でさらに2作は作るという話もあったみたいで、今作でウィルの呪いも解けるのですが、そんなウィルとエリザベスの下に現れた怪しげな影という終わり方からもさらなる次回作に期待してもいいのかもしれません

純粋に楽しませてもらった映画でした!おすすめです!

ブログ管理人
としちる

ミスチルと青い鳥が好き。大学生活前半は冊子制作に打ち込むも紆余曲折あって研究者を目指すことに。夢はアカデミーを作ること。研究の狭き道でも生きていくこととやりたいことを両立させるために、サイト運営やライティング、Webデザインといったメディア系スキル・ビジネスのイロハも学んでる。つれづれ“ちる”ままに、時に激しく主にダラダラがモットー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「教養」をテーマにフリーランス系アカデミアンとして活動するとしちるのLINE@を始めました。ブログやTwitterではなかなか語れないことやLINE@登録者限定の資料も公開していく予定でっす!つれづれちるままに基本不定期更新で、執筆した記事をまとめて配信。確実に購読して、よりよく生きたい方どうぞ登録してやってくださいーッ!

-映画
-

Copyright© TIRU LABO , 2017 All Rights Reserved.