つれちる雑記

つくばの本屋「友朋堂」の閉店につけて回顧したこと。

投稿日:2016年2月14日 更新日:

筑波山と夕暮れ

突然、僕の目にあるニュースが舞い込んだ。

つくばで気に入っていた本屋が僕がつくばにいない間に閉店してしまったという。

悲しい。圧倒的に悲しい。

少し感傷に浸りながらこの本屋との思い出を綴っておきたい。

入学前

入学前に初めてつくばを訪れたのは真夏に行われたオープンキャンパスだった。

高校2年生の時である。

駅から大学に向かうバスに乗りながら、しょぼそうな本屋を見つけた。

(これは実は「友朋堂」ではないのだが)

その時、生意気にもふっと思った。

「研究学園都市なのだからもっとマシな本屋はあるよなぁ。」

説明会も一通り終わった後に、先輩方の一人に訪ねてみた。

すると、

「Amazon使えばいいんだから大丈夫だよ♪」

正直、ガックリした。

僕もAmazonは大好きだがちゃんと本は実物で確かめてから買いたかったからだ。

ネットの評判は良くても、レイアウトが気に食わなかったりするといくら良い内容でも頭には入って来なかったりする。

実際に手に取って確かめることはいくらAmazonが便利だろうとそれは叶わない。

なにより本屋で思わぬ発見をした時ほど嬉しいことはない。

この本なんか特にその最たる例だった。

昔、言葉は思想であった 語源からみた現代

昔、言葉は思想であった 語源からみた現代

 

入学後

入学後、大学に一番近い本屋として「友朋堂」があることを知った。

最初は家から少し離れていたこともあって積極的に行こうとはしなかった。

だけど、時に無性にある本を買いたい衝動に駆られることがある。

もう本当にそんな時はどうにも止まらず動いてしまうのだけどだいたいそんな衝動に駆られるのは本が見つからない時か夜だった。

そんな時は僕は自転車を漕いで「友朋堂」まで向かうのであった。

というのも「友朋堂」桜店はなんと23時まで営業しているからである。

僕は感動した。

「こんな長くやっている本屋初めてだぞ…」

しかも探している本がけっこーな頻度で見つかる。

不思議と長く居座っていたくなる本屋だった。

今は大型の本屋がショッピングモールに出来ていたりするけど、そういったところにはない魅力があった。

決して邪魔し過ぎない本の配置、棚の高さ、種類。

なんとも言えない心地よさを感じ始めていたのである。

閉店につけて

思うに良い本屋とは下手に主張し過ぎずに、それでいてふとした発見をもたらしてくれるところなのだと思う。

残念だけど、変わらないものはないしやっぱり終わりがくるのはいつも突然なんだなぁとしみじみしてしまうためいきの日曜日だった。


ブログ管理人
としちる

ミスチルと青い鳥が好き。大学生活前半は冊子制作に打ち込むも紆余曲折あって研究者を目指すことに。夢はアカデミーを作ること。研究の狭き道でも生きていくこととやりたいことを両立させるために、サイト運営やライティング、Webデザインといったメディア系スキル・ビジネスのイロハも学んでる。つれづれ“ちる”ままに、時に激しく主にダラダラがモットー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-つれちる雑記

Copyright© TIRU LABO , 2017 AllRights Reserved.