これからの教養を考える フリーランス系アカデミアン としちるのブログ

哲学

GWどころか人生を持て余している人に捧ぐ超絶面白いサイト...!-『哲学的ななにか、あと科学とか』

投稿日:2016年5月7日 更新日:

GWだからといって誰しもが遠くへ外出するわけではない。

「GWはどこどこへ行ったよ~楽しかったな~。はぁ、でもまた仕事だ…」

それで終わってしまってはどこかもったいないのではないか?

いや、そもそも人生がそんなことの連続だと思っている人もいるかもしれない。

そんな人生を持て余した人、もしくはGWに出かける金も一緒にいてくれる友達もいねぇよとぼやく前に心躍ること間違いなしのサイトをご紹介したい。

くっそ面白いサイト『哲学的ななにか、あと科学とか』

そんな知的好奇心くすぐられること間違いなしのサイトはこちらだ!

『哲学的ななにか、あと科学とか』

とにかく面白い。

本当に面白い。

価値観変わってもいいかもしれないってくらいに引き付けられる。

なぜここまで面白いのかと考えると、それぞれの哲学的なテーマを「哲学なんかかじったことないよ~ふえぇ~」という人にも分かるくらいにエッセンスを切り取って語りかけてくれるからだ*1

しかもただ説明口調になるのではなく、身近な例などを挙げながら面白おかしく伝えてくれている。

例えば、僕が好きなのは哲学メニューの中にある「思考実験シリーズ」だ。

全部で4つあるのだが、皆さんご存知、ドラえもんに登場する「どこでもドア」の例を用いてそこにどんな哲学的問題があるのかを浮かび上がらせてくれる。

  1. 思考実験、双子のクローン赤ちゃん
  2. 思考実験(2)どこでもドア
  3. 思考実験(3)どこでもドア2
  4. 思考実験(4)

『哲学的ななにか、あと科学とか』のサイトメニュー

基本的にサイトのメインとなっているのは「哲学的ななにか」「あと科学とか」

ただ大まかには6つのメニューがあり、そのメニューの中にさらにメニューがあったりもする。個人的おすすめは「科学メニュー」と「哲学史メニュー」だ…!

  • 哲学メニュー
  • 科学メニュー
  • 哲学史メニュー
  • 人工生命メニュー
  • 飲茶教メニュー
  • 株日記メニュー

哲学メニュー

「哲学メニュー」では、基本的に哲学者がなにを言ったうんぬんではなく、哲学的なテーマに関したお話しが並べられてある。

例えば、このブログでもよく言及している数学の「不完全性定理」*2から始まり、「論理」の哲学、「物質」の哲学、先ほどあげたどこでもドアの「思考実験」、「自由意思」の哲学や「クオリア」問題などなど。

こう聞くと難しそうって感じなのだがフランクな語り口調で要点を短くまとめてくれているのでとても読みやすい!

科学メニュー

科学メニューの中に、「科学メニュー」と「量子力学メニュー」がある。

アインシュタインと言えばの「相対性理論」やそれらにまつわる科学のパラダイム的な転換を垣間見ることが可能だ!

世界一美しい実験にも選ばれた「二重スリット実験」も7つの記事に分けて説明してくれているので、知的好奇心をくすぐられること間違いなし!

哲学史メニュー

哲学史メニューの中には「数学史メニュー」、「哲学史メニュー」、「科学哲学史メニュー」がそれぞれある。

「数学史メニュー」は数学者を長年の間苦しませてきた「フェルマーの最終定理」についての記事があるが、続きは残念ながら後述の書籍にあるとのこと。

「哲学史メニュー」では、初期の哲学者たちがどのようなことを考えていたかを中心とした解説をしてくれているのですが、これまた続きは書籍でとなっているw

「科学哲学史メニュー」では、「科学とはなにか?」と問う、科学哲学を「帰納主義」、「論理実証主義」、「反証主義」とあげ、解説してくれている。

それぞれ中途半端に終わってしまっているが、ここでそれぞれの分野ではどのようなことが論点となって議論されてきたのかが面白おかしくササッと知ることができるのでおすすめ!

人工生命メニュー

人工生命メニューでは、飲茶さんが作ろうとしている「人工生命レイン」の開発日記や人工生命にまつわる開発者のことばが紹介されている。

飲茶教メニュー

ここでは随所に飲茶さんの思想とでもいうべきものが垣間見れるが、誰かを陥れようと勧誘を目的にしたあやしいものではないし、ある一定の方向で理路整然と書かれているので面白いw

株日記メニュー

人によってはこのメニューが一番面白いかもしれない…

人の業というものの一端が「株」という魔力を中心に描かれているなと…

いやー、愛すべきも憎むべきも「人」だなって(笑)

まとめ

こんな感じで哲学や科学を中心にたくさんの興味深いお話しが語られているのが「哲学的ななにか、あと科学とか」です!

このタイトルもたぶん論理哲学者で哲学を哲学で否定しようとした「ウィトゲンシュタイン」を文字っているのかなと思うと、思わずニヤッとしてしまいます*3w

「そんなもん知っても私にはなんの役に立ちもしねぇよ!」という方もいるかもしれません。実際そうでしょう!

ですが、「哲学をする」ということ、または「教養」を得るということは、普段僕たち私たちが縛られていることに気づかない価値観を知り、同時にそこから抜け出そうと足掻くことにあるのだと思います。

つまり、自由になることなんです!!!

あの誰しもが求める自由です。

どうとでも解釈できそうな自由です。

それでは皆さん。

「ようこそ…『自由』の世界へ…」

『哲学的ななにか、あと科学とか』

 

※ サイトはほとんど更新されていないみたいなのですが、こっちでは今もちょくちょく更新されているようです。

飲茶な日々

 

【真なる哲学とその学び方】

http://www.turetiru.com/entry/philosophyguides_for_begginer/

 

*1:エッセンス故に、あるいは個人の限界故に「誤っている」もしくは「語り切っていない」ところもあるようだが、そこから先の話は個々人で補完していくしかないし、このサイトに心踊らされた者はそこから先に進む「自由の翼」を手にしたのではないかと思う…Good luck!!

*2:数学も突き詰めれば哲学

 

ブログ管理人

としちる

日本サッカー協会に入るため筑波大学体育専門学群を目指すも、受験前に父親が逃亡し、やむなく部活を辞める。教材費と受験費を稼ぐためにバイトしながらの宅浪生活を2年間送った後、国際総合学類に入学。タイにて日本語指導と留学も経験。帰国後、「人から始まる学問の見える化」を旗印とした『入門学術メディア Share Study』を創設。運営サイトは4つ、記事執筆数は250以上、イベント運営に携わった数は50以上(17年8月現在)。最近、VALUも動かしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「教養」をテーマにフリーランス系アカデミアンとして活動するとしちるのLINE@を始めました。ブログやTwitterではなかなか語れないことやLINE@登録者限定の資料も公開していく予定でっす!つれづれちるままに基本不定期更新で、執筆した記事をまとめて配信。確実に購読して、よりよく生きたい方どうぞ登録してやってくださいーッ!

-哲学
-

Copyright© TIRU LABO , 2017 All Rights Reserved.