書籍:『アクティブ・インタビュー 相互行為としての社会調査』-基本情報と簡単な紹介

基本データと目次

基本データ 共著:James A. Holstein、Jaber F.Gubrium 訳者:山田富秋。兼子一、倉石一郎、矢原隆行 出版:せりか書房 発行年:2004年10月25日 原著名:The Active Interview 原著発行年:1995年4月20日 目次 日本語版へのまえがき 1 はじめに 2 アクティブ・インタビューを遠近法的に考える 回答者の背後にイメージされた対象者 サーベイ・インタビュー(量的調査におけるインタビュー) 創造的インタビュー法 アクティブという視点 解釈実践としてのアクティブ・インタビュー 3 回答者の適性の割り当てと回答者の選択 社会調査における適性の割り当て アクティブな回答者を選択する際のガイドライン 経験の語り手 4 語りのリソース 情報のストックを構築すること 立場の変化とリソースの活性化 5 アクティブなインタビュー 語りの産出を活性化する 回答の誘発とナラティブの優先 語りを条件づける 背景知の利用 物語の案内と制約 6 インタビュー内部での意味構築 インタビュー形式と意味構成の可視化 語りに固有のコード化 意味の地平 共同的な構築 7 多声成と多元的回答者 配偶者を伴ったインタビュー グループ・インタビュー 8 インタビュー手続きの再考 トピックの選択 標本選択 アクティブ・インタビューの実践 データ収集 分析とプレゼンテーション 訳者あとがき

表紙に書かれている説明

インタビューとは何だろうか?これまではインタビュアーだけに焦点がおかれ、回答者から信頼性と妥当性をもった情報を引き出すことだけが問題にされてきた。本書、『アクティヴ・インタビュー』は、インタビュアーだけでなく、回答者自身もインタビューというアクティヴな相互行為に参加しており、両方とも「ナラティヴ=物語」の協同制作者であることを明らかにする。社会構築主義的なインタビュー論として、理論的な問題をカバーするだけでなく社会調査の実践に最適な入門書。

アクティブ・インタビューに貫かれている一種の思想―社会構築主義

この書籍でテーマになっているのはもちろん「アクティブ・インタビュー」なのだが、このインタビュー方法を基づけている社会学的な思想が「社会構築主義」だそうだ。 まだきちんと勉強しきれていないのだが(といってもおそらく仕切れない)、社会構築主義では「客観的な事実が最初にあると仮定して調査をするのではなく、現実は社会的な相互作用として構築されている」という思想が根底にあるものだという。 なので、物事には必ず変化し得ない根源的なものがあるとする本質主義とは真逆の思想といえる。

インタビューの役割と目的-アクティブインタビューへ

P8でこのように述べられていた。
サーベイ調査法におけるインタビュー法の役割とは、大きな母集団から抽出した多くの標本について、彼らの意見を収集することであった。そしてその際の目的は、人々の考え方や感じ方、そして行為に関する説明を拡大し、深めることであった。そして到達点として掲げられていたのは、昔と同じように、できるかぎり生き生きとした情報を獲得することであり、その際には、調査法やインタビューアーのそれに関わる感情は厳密に中立性を高めることが求められた。 ※ 下線は本ブログ筆者によるもの。
こうしたもともとのインタビューの役割や目的といったものを根本にそえつつも、社会構築主義的な考えを基にするアクティブ・インタビューでは、あくまでインタビューそのものも「取材対象者」と「インタビューアー」による相互行為的なものとして捉えているとのこと

その他拾ってきた記事リンク

一見するとその通りなんじゃないかと思うのだけどこの論争はまた問題を抱えているようでで、まだまだ勉強不足でハッキリとしたことはこれからまた本を読んでいずれ記事にしていけたらと思う。 参考にした記事や本のリンクを最後に貼っておく。 参考に「した」というよりも「している」というレベルで様々な文献のもとまとめてくださっているので助かりました。 こちらが日本語版の本と原著。
[card2 id="166"]
]]>