【映画感想:ネタバレ有】スターウォーズEP8 最後のジェダイ–SWサーガの再構築を見せた意欲作

ついに2年越しのスターウォーズがやって参りました!

「スターウォーズ フォースの覚醒」感想―賛否両論あるみたいだけどEP7は良くも悪くも「スターウォーズ」―

個人的にはEP7はEP4〜6を踏襲し、次への布石となる序章に過ぎないと思っていたので、今作にはけっこー期待してました。

赤いタイトル枠だったり、「最後のジェダイ」というのもいったい何を指し示すのか非常に気になる広告の打ち方でしたもんね。

個人的にはすごく良かった!EP7で抱いたモヤモヤがやや消えました!

そう、いよいよ最終章となるEP9への期待が高まってます!

というわけで、感想をば!

新たなスターウォーズとしての始動

前作の感想記事として

  • 新しさを感じなかった
  • 新たな敵キャラであるダースベイダーもどきにあまり魅力が感じられなかった

ことが「良くも悪くも」の悪い部分として書きました。

しかし!今回は見事にその悪い部分を敢えて強調し描いていたことが分かってとてもスッキリしました。

幼さを見せたカイロ・レンの意義

これまでスターウォーズという作品を強烈に引っ張っていたのはやはり圧倒的な存在感を作中で示し続けて来た「ダースベーダー」あってこそでしょう。EP1〜3ではその幼い頃から如何にしてダースベーダーが誕生していったかが描かれたわけですが、そのおかげでさらにスターウォーズの世界も重層感が増していきましたよね。

ところ変わって、EP7で同じくマスクを被って登場したカイロ・レンはダースベーダーの影を追いつつも、失敗を部下に当たり散らすなどといった幼さにライトセーバーを握ったばかりのレイに敗れるなど、正直魅力を感じられませんでした。

が、むしろその幼さこそが今回の敵としての役割を存分に果たしていきそうなことがEP8では描かれました。

修行中のレイと交差するカイロ・レンだったわけですが、スノーク卿と対峙した際には師を裏切り共闘する展開を迎えたものの、最終的には暗黒面として新たに君臨することを目指すための行動に!

まさにこの点がこれまでハッキリとスタンスを変えて新たな悪役としての姿が露わになったと思います。

部下を力を縛り付ける姿や師ルーク・スカイウォーカーを前にして見せる異常なまでの怒りは、今後の最終章においてもアダとなって返ってくるのでしょう。

どのような最後を迎えるのかにも注目したいと思います。

ありきたりなからの脱脚

EP7があまり好めなかった理由に、EP4〜6を意識しすぎた構成だったからでした。

けれど、EP8ではそういったものをむしろ打破するための壮大な布石だったようです。

その点を映画評論家の町山さんが連続ツイートで言及しています。

いやー、ところどころスターウォーズらしい無茶振りな作戦もコミカルに描かれる一方で、これまで繰り返されてきたような特攻ではなく「生きること」を優先するような登場人物たちのやり取りにはとても考えさせられました…

フィンが特攻して死の間際から助けられる展開に、ある惑星の奴隷として虐げられてた子どもがレジスタンスの証を受け継ぐシーンなど、思い返すとじわりじわりとくるシーンに溢れていたように思います。

フォースとルーク・スカイウォーカー

今作に登場することで注目されてたルーク・スカイウォーカー。

中途半端な登場の仕方ではなく、これまで繰り返されてきたジェダイの光と影を乗り越えるようにジェダイの古き寺院に残された書物が燃やされたり、レジスタンスを助けるために惑星を越えてカイロ・レンと対峙する姿を見せるなど、素晴らしい活躍だったと思います。

フォースというのは万物の中に流れる大いなる力の流れなのだとという解説もこれまでハッキリ描かれてこなかった点にも、新たに提議していったのも作品の立ち位置としてもこれまでとこれからを繋ぐための見事な布石だと思いました。

「最後のジェダイ」という言葉にはそうした新しいこれからに繋ぐために必要な破壊だったんでしょうね。ルーカスフィルムからディズニーに移った意義もここに見いだせた気がします。

おわりに

特に印象的に残ったのがルークとマスターヨーダが再び対峙するシーンで語られた「失敗を継承することの意義」です。

ルークは自身が帝国軍を打ち破って再建したはずだったジェダイを、弟子であり戦友と妹の息子を暗黒面に落としてしまったことを悔やみ、引きこもるわけですが、古きを捨て新しい息吹として現れたレイのためにも自らの失敗を含めて語るのだと。

こうしたシーンからもスターウォーズは「家族の物語」でもあり、それが新たに再構築されていくEP7・8の面白さを再認識してきました。EP9でこの物語がどういった帰結をもたらすのか。

注目していきたいと思います!