研究業績

最終更新 :2021年8月1日

学術論文

  1. 青山俊之 (2021) 自己責任ディスコースの詩的連鎖―ISIS日本人人質事件におけるブログ記事に着目して―, 社会言語科学 23 (2), p.19-34.
  2. 青山俊之 (2020) 自己責任ディスコースのメタ語用論的範疇化によるタイプ分析, 国際日本研究 12, p.121-136.

研究発表

  1. 青山俊之, 自己責任ディスコースを構築するラベリングとフレーミングの記号過程 イラク日本人人質事件の初期報道に着目した言語人類学的分析, マスコミュニケーション学会 第37期11回研究会「次世代セッション―修士論文インターカレッジ報告会」, 2021年3月. (口頭発表)
  2. 青山俊之, Twitterを媒介に「感染」するイデオロギー 「過労死は自己責任」ディスコースを事例に, 社会言語科学会シンポジウム 第1回スチューデント・ワークショップ「ディスコースから捉える『自己の位置づけ』-4つのフィールドから-」, 桜美林大学, 2019年9月. (口頭発表)
  3. 青山俊之, サイエンスコミュニケーションと公共性 アカデミックディスコース実践としての『Share Study』,日本サイエンスコミュニケーション協会2019年度第1回研究発表会, 筑波大学, 2019年7月. (口頭発表)
  4. 青山俊之,文系学部廃止論争とはなんだったのか 批判的談話研究を用いた分析, 第42回社会言語科学会, 広島大学, 2018年9月. (ポスター発表)

その他

  1. Sanai Sato and ○Aoyama Toshiyuki, Initiatives for active and creative learning, Tsukuba Conference, International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA , October 2019.