研究者向けWebサイト制作、メディア運営の事業母体『Share Culture』開設

2019年『TIRU LABO』運営方針―雑然として混沌とした実験場へ

この個人ブログ『TIRU LABO』からはじまり、『Discourse Guides』『Share Study』とWebサイトをつくってきて、コンテンツが拡散しがちであることを気にしている。以前、「記号が多すぎるのでは」と言われたことがある。そこで、ひとまず自分の記号としては大きい『Share Study』に集中した運営をしたのが2018年後半だった。というわけで、『TIRU LABO』と『Discourse Guides』はだいぶ置いていってきたのがここ最近。

が、個人的には『TIRU LABO』はもっと雑然としたものがあふれる、まさにLABOという相応しいカオスなブログ・個人サイトにしていきたい。『Discourse Guides』はあくまで自分の専門的な勉強や研究を公開、解説する場所であるから、時間をかけて読み込める、段階を踏んで理解できるものにするのが目標だ。対して、『TIRU LABO』はもっと個人的な趣味や主義主張なり取り組みを「実験的に」示しうる場所にしたい。

下記の画像は2019年1月5日現在の『TIRU LABO』のトップページ画像。ここから3カラム化をはじめとしたカスタマイズしていく!

2019年度から1年間の休学期間がある。今の活動の原点である『TIRU LABO』をもっとぐちゃぐちゃしてる、けどどこか一貫性があるような、その動的な世界観の中で成り立つ秩序を描けるのが目標だ。そのうえでまずは作成したのがこの「雑記LABO」カテゴリー専用のカスタム投稿テンプレート。文字を書くことに集中できる使用に整えた。ここから雑然としたものがどこかまとまって、また広がりゆくなにかを生み出していく。2019年はそんな取り組みのステップをしっかり細かく踏んでいけるようにしたい。