ことば、メディア、思想文化

ディスコースを中心とした知見や考察の雑録をまとめています。

Tips

入門書を読み漁る

複数の入門書や新書などの書籍を読み比べ、だいたいどんな議論や考え方をしているのかを把握する。

自分の位置づけを捉える

「守破離」を意識するのが大事。まずは「守」として、形式的にでも基礎的な知識や思考を学び、発表・執筆で重視される形式的な技法を意識する。自分の興味関心に限らず、専門外の知見を広め、考えておくと後々に役立つ。

事例から考える、問いを磨く

自分の興味関心から考えるのも大事だが、いきなり自分の主義主張をせず、具体的な事例から自分が抱いた問いや違和感を説明できるようにする。

先人と話し、知恵を得る

わからないことは、失礼のないようにちゃんと考えた上でわかっていそうな人に聞く。参考になる文献や事例を教えてもらい、考え方の相違を知ることも自分の位置づけを捉えることにつながる。

ひたすら資料を漁る

いきなりピンポイントで「面白い」「意義のある」事例に出会うことは難しい。関連しそうな資料をひたすら漁ったり、現地に赴いての観察を繰り返す。

キーワードをおさえる

学術的な文献を読みこなしていくには、学問分野や研究者の中心的な考え方となるキーワードをおさえるのが肝。

マネしたい事例を見つける

自分で一から考えるのはかなり大変。徒手空拳で挑むのもいいが、まずはこれまでの事例をしっかり読むことを意識する。自分の実力の範囲内でもマネすることができそうな事例を見つけると最初は楽。これも「守」。

締切からスケジュールを逆算する

締め切りを見据え、できるところからやる。できないことを無理にやろうとしすぎない。なお、「できない」ことがわかることも「できる」ことを知ること。

早めにデータ分析をする

頭で考えようとしすぎず、ときに淡々とデータと向き合う。雑でもいいので早めにデータを分析し、人に説明し、議論から分析の穴を見つけ、別の研究の糸口を探すなど視野を広げる。

専門書を読む

慣れてきたらまとまった知識や論考は専門書から学び、考えることも大切。学部生のうちで、同じジャンルで少なくとも3, 4冊は読み込むものが複数出てくると思考が磨かれる。

古典を読む

古典を読むことは先人が生きた歴史・社会文化や知恵を知ることにもつながる。特に研究者志望で院進学する人は余裕があるうちに、少し背伸びしてでも自分の引き出しを広げるように読み進めるべし。

面白さと意義深さを両立させる

研究を進める上では自分が「面白い!」と思えるものに取り組むのも大事。けど、同じくらい、自分に限らず他者にとっても「意義がある!」と思わせる、いわば普遍性のある議論を見出そうとすることも大切。

メディア出演

2023/01/25「ゲンロンで働く大学院生で『思想』と『現代思想』を読んでみた」【学問のミライ#0】(青山俊之×植田将暉×國安孝具×住本賢一×栁田詩織)

ゲンロン編集部でじっさいに雑誌編集にも携わっている5人の大学院生のひとりとして出演しました。2022年に出版された『思想』と『現代思想』をふりかえりながら、雑誌や思想、学問を取り巻くさまざまな話題を、ゆるく語り合います。

配信視聴ページへ

青山俊之

としちる。言語人類学、記号論。自己責任論とか、いじりとか、思想文化について考えてます。大学院生(博士課程)。ゲンロン勤務。