これからの教養を考える としちるのブログ

つれちる雑記

タイと日本の学生の違いについて

投稿日:2015年12月8日 更新日:

10月から12月の約二か月間、タイのカセサート大学付属高校にて日本語を教えるお手伝いをさせてもらっています。

帰国までもう2週間を切りました。

ここでの生活を通して気づいたこと、考えたことが溜まってきたので書いていきたいと思います。

タイの学生は元気?

一言でいうならタイの学生は元気な子がとても多い印象です。

日本だと授業中はあまり積極的には発言せず、それが一種の美徳?かのように考えられている雰囲気がありますがタイでは違います。

授業中でも基本的にそれぞれのマイペースを崩しません。終始、和やかなペースで会話を続けていてみんなが黙ってシーンとするなんてシーンはほとんどありませんでした。

もしかしたらシーンとされた方もいるかもしれませんがマイペンライで続けます!

先生が生徒に手を上げさせて回答させるなんてこともないし、聞けば誰かしらがおしゃべりをしているかのように答えてくれたりします。

もちろん、学校によってまちまちなのかもしれませんがこうした違いはとても新鮮でした。

助け合いの精神

一番驚いたのがこれです。

この学校には親のコネで入ってきた子と実力で入ってきた子がいます。

そのためそれぞれの学力も人それぞれでかなり異なる場合もあります。

中には、AD(Attention Disorder)やLD(Learning Disorder)の子も交じって勉強しています。

そういった子に限らず授業中にある生徒が答えられなかったりする場合には周りが時に我先にといった具合に教えてあげようとするんですね。

こうした光景は少なくとも僕は日本であまり見たことがありませんでした。

タイはみんな大事?

下の画像はとある生徒の回答です。

f:id:toshitiru:20151207194533j:plain

これを見た時は思わず笑ってしまったのですが、後でこのことを日本人の先生に話すとこのように答えるタイ人は多いということを聞きました。

なぜこのような回答をする人が多いのでしょうか?

仏教についてまだあまり詳しくないのでそこら辺の理由はまだよく分かっていないのですが、いろいろと興味深いです。

初めてタイを訪れた時、大学生にこのような質問をしてみました。

「日本は確かに先進国として発達したとは思うが、幸せだと感じている人は多くない。タイは新興国として発達してきてこれからもしかしたら日本のようになってしまうかもしれないが、タイの学生は何を思って勉学に励んでいたりするのか?」

私のつたない英語できちんと伝わったのか分かりませんが、「家族を大切にできればいい」といった趣旨の発言をしていました。その時、バスが出発間近で時間がなくなってしまい十分にその理由などを聞くことができなかったので、具体的には分かりませんがタイではこのように「家族」や「友人」を大切にする考え方が根付いているのかもしれません。

このようにタイと日本の考え方の違いを垣間見ました。

現地で働く日本人の先生も仰っていましたが、こうしたことが一番彼らから学ばせられたことだそうです。

「タイ人」はこうと主張したいわけではなく、他の国の事情を知らないので一概に言えない面もあります。

ですが、日本ではなんでもかんでも「自己責任」として他者を切り捨てる風潮が強くなってきたことを考えると、こうした相互扶助の姿勢を見習いたいなと思うようになりました。



語りあそびテーター

としちる

日本サッカー協会に入るため筑波大学体育専門学群を目指すも、受験前に父親が逃亡し、やむなく部活を辞める。教材費と受験費を稼ぐためにバイトしながらの宅浪生活を2年間送った後、国際総合学類に入学。タイにて日本語指導と留学も経験。帰国後、「人から始まる学問の見える化」を旗印とした『入門学術メディア Share Study』を創設。運営サイトは4つ、記事執筆数は250以上、イベント運営に携わった数は50以上(17年8月現在)。最近、VALUも動かしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「教養」をテーマにフリーランス系アカデミアンとして活動するとしちるのLINE@を始めました。ブログやTwitterではなかなか語れないことやLINE@登録者限定の資料も公開していく予定でっす!つれづれちるままに基本不定期更新で、執筆した記事をまとめて配信。確実に購読して、よりよく生きたい方どうぞ登録してやってくださいーッ!

-つれちる雑記
-

Copyright© TIRU LABO , 2017 All Rights Reserved.