としちるのプロフィール

ども!凝り性かつ飽き性なとしちる@ture_tiru)です。

自己紹介

現在(2017年3月)、筑波大学の4年生で所属は社会・国際学群国際総合学類というところです。

※ 筑波大学では学部のことを学群、学科のことを学類と呼びます。実はこのHPにおけるトップページの写真はほとんど自分が撮ったものです。

大学では2年半ほど冊子制作を行っていました。編集部として特集考案・アポ取り・インタビュー・記事執筆・校正・レイアウト編集などといった活動をし、その経験を活かして学問の面白さなどを発信するために始まったのがこのブログでもあります。

『TIRU LABO』

「としちる」というニックネームの由来はミスチルが好きだからという理由で、よく「〇〇ちる」という名前を自分のニックネームにしています。雑記形式に徒然なるままに書き記したかったので、このブログの通称は「つれちる」です!

『Discourse Guides』

大学で専門的に学ぶことにしたのは批判的談話研究(Critical Discourse Studies:CDS)というものです。CDSについては別に学術ブログ(のちのちガッツリ解説するサイトにしたい)として『Discourse Guides』というものを運営しています。

『Share Study』

これらブログの運営経験を活かして、現在は『Share Study』という入門学術メディアを個人で勝手に立ち上げました。このメディアでは、高校生や大学生を主な対象にしながら知的好奇心旺盛な方々に向けて、個々の学問だけではなく全体としての「学問」の入門となるような記事をメインに運営していく予定です。

現在は「ベータ版」として構想や準備を進めているところです。

『LIFE MAKERS』

現在(2016年12月)は『RIDE MEDIA&DESIGN』という会社が運営する『LIFEMAKERS』というフリージャーナリストの佐々木俊尚さんが主催するコミュニティにおけるイベント運営のお手伝いをインターンとしてさせてもらっています。

『Tsukuba Place Lab』

筑波大学のすぐそばにあるコワーキングスペースでスタッフとして働いています。ここを中心につくばで積極的に活動する学生や社会人の方々と触れ合いながら、交流の輪を広げ中!

『Teens Cafe』

その他の活動としては、つくば市の「青少年の居場所づくり事業」として始まり、現在は筑波大学の一学生組織として活動する『Teens Cafe』の広報・Web担当として時々動いています。

ブログのテーマ:「教養」

このブログはもともと『つれづれ教養にっき』というタイトルで始まりました。開設当初から一環して描きたいと思っているのは「『教養』とはなにか」ということです。

ただ、更新は「書きたい時に書く」といった感じで忙しい時には無理して書かないし、「徒然なるままに」ならぬ「つれづれちるままに」という感じでゆるく運営しています。

ですので、「教養」を軸に起きながらも好き勝手に自分が「面白い!」と思ったものや「重要だ!」と考えたものを飽きない程度にフラフラと書き綴っています。

決めゼリフ:人生はシャッターチャンス!

もしかして歴史の教科書に載るとか自伝出しちゃうかもと思って、念のため今のうちに自分のことばを持っておこう的なあれです。

どういうことかと言うと、一重に人生って「瞬間」の連続のはずだと思うんです。

似たようなことを哲学者のマルティン・ハイデガーという人も言っていますし、量子力学でも「物は観測者がいないと存在を確定できない」とされているので、おおよそ間違った解釈でもないと勝手に判断しています。

僕は写真を撮ることが一つの趣味です。

カメラのシャッターを押した瞬間が切り取られた写真のセカイの方が、実は「真実」に近いと捉えてみると面白いと思わないでしょうか?

僕はその方が「面白い」と思うので、この考え方を軸に人生最大の目標を次のように掲げています。

一瞬一瞬のセカイを存分に味わって満足した状態で死ぬ!

そうした思いを「人生はシャッターチャンス」に込めています。

としちるの経歴

正直言って順風満帆な経歴ではありません。

「グイィーン、グワワァーン」

遠回りしながら今に至っております…!

小学生時代

  • 卒業アルバムに書いた20年後の自分「草サッカーをしている!」と書くほど妙に現実的
  • 信号を渡っている途中に「赤」になっても「めんどくさがって止まりそう」と友達に言われる
  • ジャンピングチャンピオンになる!!

(二重とびで最大5分間ほど飛び続け個人戦で優勝しました。笑)

中学生時代

  • サッカーに没頭する&本の虫になる
  • 元日本代表サッカーコーチの「哲学」に心揺さぶられる
  • 恩師が入学した筑波大学の体育専門学群を志望校に決める
  • 受験期に哲学に耽り、闇に飲み込まれかけるも最終的に悟りの境地を垣間見る

高校生時代

  • 哲学に耽ったおかげで第一志望校に作文で合格
  • しかし、再びの闇を恐れて哲学に疎遠になる
  • 受験前に父親が逃亡する
  • 父親が逃亡したのもあってサッカー部を辞める
  • 小論文の授業で出会った恩師の先生に「体育学部」より「教養学部」を勧められる(高3にて進路の大幅な変更)

浪人時代

  • お金がないので自宅で自習するいわゆる宅浪になる(2年間)
  • 1年目は浪人だからと調子に乗ったあげく、最終的に廃人になって失敗する
  • 2年目は心を入れ替えたことで、第一志望校の合格を勝ち取る

大学生前半

  • 一年生の最初はとても意識が高かったのにあまりにも大学生活が楽しくてひたすら遊ぶ
  • 「二年生から本気出す!」と言って勉強しようと思ったら、なりゆきでとある「冊子制作」に本気を出し過ぎてしまう
  • 本気を出し始めたことで解禁し参加した「哲学」の授業で再び悟りの境地に
  • 半生を振り返るとともに「教養を広めたい!」という思いに至る

大学生後半←イマココ

  • 2015年10月から12月の約二か月間、タイにて日本語指導の実習
  • 2016年1月から5月にかけて再びタイのタマサート大学にて短期留学
  • 2016年9月に『入門学術メディア  Share Study』を開設

趣味

前述の通り、凝り性かつ飽き性な性格のため趣味というか好きなものはそこそこあります。笑

  • マンガから小説、学問書に至るまでの読書にアニメ鑑賞も少々
  • 小学生からやってきたサッカー
  • 旅行や日常、風景から小物まで楽しむ写真撮影
  • 最先端の技術を知りたいガジェット

その他にも、文具・ノート術・学習法など様々なこだわりがあります。

最後に

ここまでお読みなった方は分かるのではないかと思いますが、あまり万人受けするタイプではなく、良くも悪くも「変人」と呼ばれます。

「普通」よりはいいかなと思いますが、「そもそも『普通』ってなんだよ!」って突っ込みたくなるタイプですふふふ。

そんな感じのやつのブログで雑記から良いもの・面白いもの・自分が携わる活動の紹介といったことを書き綴るのがこのブログです。

もし少しでも興味を持てて頂けたなら、RSSを通じてフォローして頂けるとうれしいですが、「しなくたって構わない!それぞれの哲学をもって『楽しく』生きようぜうぇい!!」とも思います。

それでは、お読み頂きありがとうございました~!

 

最近はちょっとずつWeb制作のお仕事もし始めてます。そんなぼくの制作物などはこちらにてまとめました!

投稿日:2017年1月10日 更新日:

Copyright© TIRU LABO , 2017 AllRights Reserved.