これからの教養を考える としちるのブログ

面白い人

ベトナム第三の都市ダナンと日本発新ゆるキャラ「ダロン」の魅力、その背景に迫る!

投稿日:2016年2月9日 更新日:

突然ですが皆さん!ダロンってご存知ですか?

僕は知りませんでした!!!

これ実はベトナム第三の都市ダナンのマスコットキャラクターとして今注目を浴びてきているそうです!

ベトナムの中で!!!

そうです。まだベトナムの中だけなのです。

というのも僕の大学同期である「森大輔(以下、愛称の『もりだい』)」がベトナムでインターンをしており、この「ダロン」のグッズ販売を手掛けるチーフとして活動しています。

そして、なんとベトナムの国営テレビ局に取り上げてもらったとのこと

さらになんと彼、ベトナムでTVデビューを一足早く飾ったとか。

f:id:toshitiru:20160209151603j:plain

得意げな顔でドラゴン橋の魅力を語るもりだい

くぅー、やるなっ!

というわけでイキイキしている人が好きなとしちる@ture_tiru)です!

この「ダロン」の人形をグッズとして販売するためにクラウドファンディングとして支援を募ってるとのこと

今回は「勝手につくば大使」ならぬ「勝手に今僕の中で旬な人を応援しちゃう大使」としてご紹介しますっ!

「Happy Danang」とは

「Happy Danang」が掲げる理念は“Make people in Danang Happy”

ダナン発展の象徴であるドラゴン橋を模したキャラクター・ダナンを外国人観光客(特に日本人)に提供していこうというもの。

ベトナムでは女子大生がドラえもんのTシャツを着るほどキャラクター好きなわりには、ゆるキャラはまだ流行っていない。さらに、観光客としてダナンにやってくる日本人が口をそろえて言うには「目ぼしいお土産がない」

そこで、登場したのが「ダロン」

なかなか愛くるしいやつなんですよねこれが。

f:id:toshitiru:20160209111424j:plain

ダナンで伝統的な竹製の小舟Thuyền Thúng(トゥイェン・トゥン)に乗るダロン

「ベトナムでゆるキャラのぬいぐるみを500個つくりたい!」

ということで、現在クラウドファンディングで資金を募っているとのこと。なぜこの事業にもりだいが取り組むのかを「観光地としての魅力」「歴史的、経済的なお話し」からご紹介したいと思います!

新たな観光地「ダナン」のここがいいじゃんすごいじゃん!

ベトナムと言えば北のハノイに南のホーチミンを真っ先に思い浮かべます。

それ以外となると…正直分かりませんでした。

ですが、ダナンはベトナム第三の都市として今注目を浴びています

個人的にはこの「第三の都市」というのがいいっ!

というのも、僕もタイのバンコクに滞在していてタイ第二の都市チェンマイに行ってきたのですが、街並みも観光客もどこかごちゃごちゃっとしていてあまり良い印象はありませんでした。ですが、最後に訪れた「スコータイ」というもう一つのタイの古代都市は静かですごく良かった!

ですから、「普通」じゃ嫌だけどかといって冒険するのにも…という人にはいいかも

ダナンが注目の理由

・2014年expediaの世界急上昇観光都市ランキング第1位
・年間400万人外国人観光客数(内4%の16万人が日本人観光客)
・美しいビーチ、周辺近郊には3つの世界遺産

f:id:toshitiru:20160209164228p:plain

最早エンターテインメント!長いぞドラゴン橋!

f:id:toshitiru:20160209120911j:plain

f:id:toshitiru:20160209120939j:plain

f:id:toshitiru:20160209121001j:plain

水かけられるの楽しそう!

美しいダナンのビーチ!

f:id:toshitiru:20160209114458j:plain

f:id:toshitiru:20160209114523j:plain

きれいですね~行ってみたい!

威厳漂う世界遺産「ミーソン遺跡」

f:id:toshitiru:20160209120431j:plain

ヒンドゥーの神々を祭るために建造された宗教建築遺跡で世界遺産です!

絶景!「ソンチヤ半島」

f:id:toshitiru:20160209120657j:plain

穴場的スポットだそう。ここから写真を撮りたい…!

〈参考〉

2017年APEC開催地ダナン リゾート地として人気なベトナム第3の都市の魅力! | アセナビ “ASEANで働く”を近くする | アセナビ | “ASEANで働く”を近くする

これからさらに注目!

ダナンはこれからも日本からの観光客が増加すると予想されています!

主な理由は二つ。

  1. ベトナム首相のズン氏が退任し、ベトナム中部出身の人が5年間の任期で首相に就任する。今後最低でも5年間はベトナム政府からベトナム中部(特に)の観光業に財政支援が集中する見込み
  2. ダナン⇔大阪間の直行便が就航予定で(現在はダナン⇔成田のみ)日本からダナンへのアクセスがさらに良くなる

もりだいがダナンで活動に取り組むわけ

ここまで「ダナン」がなぜ魅力的なのかをご紹介してきました。

しかし、なぜもりだいはこのような活動をしているのでしょうか?

そこにはベトナムの現状、そして過去に出会った人物が背景として浮かび上がります

「お金」や「機会」の問題で苦しむ人達の力になりたい!

僕らが所属する筑波大学の国際総合学類は、それぞれの「問題意識」に寄って立ち社会問題に取り組む人がいます。もりだいもそんな仲間に触発され一か月間ベトナムの孤児院でボランティアを行い、また日本語教育・日本ベトナム学生会議などに取り組みベトナムとの関係を深めていきました。

しかし、同時にベトナムでは「お金」や「機会」に苦しみ将来を諦める人がいることを知りました。そうしたキャリア形成並びに社会福祉は、日本では時に「自己責任」と片づけられてしまうことでもあります。というのも、比較的裕福な暮らしが出来ている層が多いからとも言えますよね。

そこで「機会平等」のヒントを得たいと思い立ち、今回のインターンに参加、そしてこのお土産プロジェクト「Happy Danang」のリーダーとして活動しているそうです。

二極化しているベトナム

ベトナムと言えば北の「ハノイ」、南の「ホーチミン」が真っ先に思い浮かびます。

ハノイは政治・文化の中心として、ホーチミンは経済の中心として栄えています。

タイでもそうですが、まだまだ都市への環境・教育インフラ、経済的な集中は起こっています。これは日本でも言えることですが、特に新興国では顕著に見られます。

実際、そうした現状を旅する中で僕も目の当たりにしました。

二極化の例:ベトナムの人口規模

ベトナムが二極化している状況は人口規模からも見て取れます。

ベトナム三大都市人口比較
ハノイ ホーチミン ダナン ベトナム全体
人口(万人) 710 800 100 9073
人口比率(%) 7.8 8.8 1.1 100

f:id:toshitiru:20160209170629p:plain

人口規模によってその都市が如何に労働人口を確保できているかなどが見て取れます

またそれに伴い、単純に消費者もいることになり人口が多いほど様々なインフラ整備が進み経済が回ります。

中部がダナンを中心に盛り上がりを見せて周りの地域に波及していくといいですね…!

(それに伴った問題も残るでしょうが…)

※ 以下の資料からも中部の投資は北部、南部と比べて少ないことが見て取れます。

https://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001301/1_outline_rev.pdf

ベトナム戦争の傷跡

もりだいには個人的な思い入れもあります。

ベトナムと言えば思い浮かべることの一つとして「ベトナム戦争」による南北分断があります。

未だにこの戦いでの傷跡はアメリカ、ベトナムにも残っています

もりだいが2-4歳の頃、アメリカ・オハイオ州のキリスト系幼稚園に通っていました。

その幼稚園の先生であるMrs.Dobbinsとは今でもよく連絡を取っており、枯れ葉剤の影響を受けたというベトナム産製品のFB投稿を不安そうに(記事の真偽を確かめるために)送ってくれたりもするそうです。

Mrs.Dobbinsの夫(Wil)と弟はかつてアメリカ海軍としてベトナム戦争に従軍しており、戦争時にダナンはアメリカ軍の基地でした。

2014年にベトナムでのインターンと休学を決めた際にベトナム戦争の話をWilから聞いたが、

「ベトナム戦争は恐怖の記憶だからあまり語りたくない。」

と語ったそうです。

Mrs.Dobbinsは「DaisukeがHappy Danangで発信しているキャラクターや写真を見て、少しでもWilのベトナムへのイメージが明るいものになってくれれば」とも語っているとのこと。

こうした傷跡はこれからも連綿として続き、また生まれていくのでしょう。

無闇な争いが続く限り。

f:id:toshitiru:20160209150927j:plain

Mrs.Dobbinsともりだいとその姉

まとめ

このようにダナンは観光地としても、経済的・歴史的にも意義のある都市だったのです

なぜ僕がこのような紹介をしたのか少しだけ触れ、筆を置きたいと思います。

今の資本主義経済も言い換えれば、争いを良しとするものだと言えるかもしれません。ですが、こうして協力関係を繋いでいくことも「争う」からこそまた出来るものだとも言えます。

僕にはまだどうしたらこうした無益とも言えるような争いをなくせるか分かりません。ですが、だからと言って何もしなければやっぱり何も変わらないのも間違いないことだとも思います。

ですので、今回もりだいが取り組んできたこの「Happy Danang」プロジェクトを応援させて頂きました!

僕も微力ながらですが、支援させて頂きます…!

少しでも「Happy World」になることを祈ります。

www.youtube.com

下記リンクから支援することができます!

readyfor.jp

【ダノンの情報まとめ】

  1. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンが生まれた、ベトナム第3の都市・ダナンってどんな街?
  2. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンとバイクで行こう!ダナン(周辺)の観光地 その1
  3. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンとバイクで行こう!ダナン(周辺)の観光地 その2
  4. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)米で作ったダロン!?
  5. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンのモデルになったドラゴン橋ってどんな橋?
  6. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ついに完成!米で作ったダロン
  7. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンのプロフィール紹介!
  8. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンは多才!?ダロンの特技&感情まとめ
  9. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)米ダロンが届きました
  10. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)ダロンがテレビ取材を受けました
  11. ベトナムで、地域密着型のゆるキャラグッズをつくりたい!(森大輔)Happy Danangのメンバー紹介!



学ぶ編集者

としちる

日本サッカー協会に入るため筑波大学体育専門学群を目指すも、受験前に父親が逃亡し、やむなく部活を辞める。教材費と受験費を稼ぐためにバイトしながらの宅浪生活を2年間送った後、国際総合学類に入学。タイにて日本語指導と留学も経験。帰国後、「人から始まる学問の見える化」を旗印とした『入門学術メディア Share Study』を創設。運営サイトは4つ、記事執筆数は250以上、イベント運営に携わった数は50以上(17年8月現在)。最近、VALUも動かしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「教養」をテーマにフリーランス系アカデミアンとして活動するとしちるのLINE@を始めました。ブログやTwitterではなかなか語れないことやLINE@登録者限定の資料も公開していく予定でっす!つれづれちるままに基本不定期更新で、執筆した記事をまとめて配信。確実に購読して、よりよく生きたい方どうぞ登録してやってくださいーッ!

-面白い人

Copyright© TIRU LABO , 2017 All Rights Reserved.